So-net無料ブログ作成
検索選択

マンマ・ミーア! 2011/1/4:マチネ [四季]

今年初のマンマ。
休演日でもないのにキャストが更新され、ソフィ、エディ、ペッパーがダブルになるというびっくりな観劇初め。
どうやら休演明けのが載ってしまった模様。
休み前だけあってみんなノリノリでした。

しょっぱなアリ、リサのテンポが悪かった。
だんだんエンジンかかってきたけど、今日は招待テーブルなかったけどな。
代表さんとか偉い人が来てるんじゃないかと思うくらいの丁寧さでした。
江畑ソフィの「素敵な夜だった…」がちょっとおばちゃんくさくて、それがまたかわいい。
たぶん江畑さんは休演明けキャスト変更になるからかな、かなりいい感じでした。
表情豊かでキュート。歌も安心。
少し痩せた?おなかぽっちゃりが控えめになった気が…。
ぽっちゃりがかわいいのに(笑)
なんとなくもう江畑ソフィは観られないような気がしました。
大阪ウィキッドに行ってそのままアイーダかな。
福岡ウィキッドもあるし。

さて本編。
ダイナモスの再会場面。
「ドナーあーんどザダイナモース」って3人で言うところ、3都市でやってた時は「ドナー」の時に濱田さん自分のこと指してたと思うんだけど、東京にきたらやらなくなっちゃった。
あれ、すごく好きだったんだけどな。
「自業自得」の前の笑い飛ばすのも復活したからそのうちやってくれるかな。
それはそうとなんとなく濱田ドナごきげん。
「オンラインにEメール」のとこもいつになくかわいらしくてにこにこ。

Money, Money, Money♪
なぜかマネマネの「懸命に見つける金持ち男を~」のとこがにっこにこだった。
その後はいつも通りちょっと険しい顔に。

ソフィに「サム・カーマイケル…です」って言うところ、サム・カーマイケルがかなり早口だった。
阿久津サム、ヘタレ度が増してた、1幕。
「は~い」がヘタレすぎで爆笑。
2幕あたりからかっこよくなっちゃうんだけど。
本日の衝動的。
寄り目で高速ギター。明戸さんおもしろすぎ

♪Chiquitita♪
濱田ドナ、もう落ち着きなさすぎ(笑)
どんどんじたばた。
変な声もだしてるし。
かわいすぎる。
そういやベットの中で泣いてたのか、目にいっぱい涙ためてた。
「他にもいたから…」はさらっと。言った後にヤバっと腰引け気味。
「自業自得だけど」の前は笑い飛ばす感じではなく、自嘲ぎみに低めに「はっはー」でした。

♪Dancing Queen♪
ベットにうつぶせになってわーっとしたあと、マイク代わりを発見。
なんだこれとか言いながら、もう歌っちゃってるし。
ドナがグラサン&ファーで出てきた後は手拍子。
あれ、いらないと思うんだけどね。

♪Lay All Your Love on Me♪
スカイの投げキッスにソフィが反応するとこ、前の方がオーバーでよかったな。
ちょっとマイルドになっちゃった気がする。

♪Super Trouper♪
久々に五木を見た。
ここの白衣装は、とにかくかわいい。
とにかく濱田ドナ凝視。
でもターニャとロージーも見たいのよホントは。
後ろのドアのところでやってる踊りが好き。
ドナがセンターで「今夜はうれしい、いよいよあたしのもとに幸せが近づく」って歌うところってなぜか涙が出るんだな。

♪Gimme! Gimme!♪
いつも女の子達の群舞の時に思わず手拍子しそうになる。
出だしで手を叩くからだと思うんだけど。
泉さんが目立つ。美人さん。

♪The Name of the Game♪
いつも思うけど、ここは歌ウマソフィじゃないとムリに思う。
すごく難しい歌だよね、これ。
江畑ソフィは「ビル、あたしのパパなの?」はわざとビルを見ないで言うよね。
「そうだと思う…」の時にビルをパッと見る。
これいつからだろ、最初はそんなことなかった気がするんだけど。

♪Voulez-Vous♪
いつも楽しそうなドナ。
じゃんけんは勝って負けてと順番だったように見えた。あまり見えなかったけど。

♪Under Attack♪
ここのドナ、前のアンサンブルさんに合わせてそーっと移動してるのがいつもすごいなーと思って見てる。
ベットに寝るのもさーっと早いなと。

バグパイプのとこで噛んで言い直してたな。
「そのごみみたいな物」のとこ。
そういや♪S.O.S.♪の前の更年期障害のとこも最後噛みそうだった。言い切ったけど。
ここらへん長台詞で一気に言うから大変そう。
みんなが行っちゃった後、とても悲しそうな顔。
でも、振り切って持ち直そうと思うけど、下手の椅子をおろしてがっくり落ちる。
娘にあんなこと言われて、スカイとかに怒鳴り散らして、自己嫌悪だろうなー。

♪One of Us♪
そっと歌うのがステキ。
ピアノ(小さな声)でささやくように歌うのがすごく難しいと思うんだけど、さらっと歌うのがすごいよね濱田さん。

♪Does Your Mother Know♪
一和ペッパーだいぶうまくなったなー。
最初に見たときは薄っって思ったけど。
でもやっぱりハンシェンのイメージが。
ターニャにむかって「子猫ちゃん」とか言ってほしい(笑)

♪Knowing Me, Knowing You♪
阿久津サム、東京にきてから最初の高音が楽に出てるなーという印象。
江畑ソフィがかなり泣いてた。

♪Our Last Summer♪
「昔のドナさ」の後はすごく悲しそうな顔。
歌が進むにつれてにっこり。
エッフェル塔が見えるようでした。
モーニングクロワッサンの「あちち」を久々に見た
「あたしの王子よー」で剣を抜くハリー。
シュパーだったかシャーだったかなんか変な音だしてた(笑)
剣を抜く音じゃないよそれ。

♪Slipping Through My Fingers♪
「アリとリサに手伝ってもらうんでしょう?」はちょっとさみしげでした。
「ママが着せてくれる?」の後は泣きそうな顔でそっと微笑んだドナ。
それだけで涙腺緩む。
江畑ソフィ「誇りに思ってるわ、ママを」の「ママを」は声にならなかった。
2人でちょっとはにかみ笑い。
ソフィがでていった後にガウン抱きしめてしばし放心。
サムが入ってきたらスイッチON。ガウン机に2回も叩きつけてた。

♪The Winner Takes It All♪
ウィナーは本当に美しかった。
サムが何か言いかけるを制止してからの後がとても。
「話すこと何もないわ・・・許してね怒らないで放っておいて」まではすっと立って、なんというか凛としていて。
「…私達2人を」からいつもみたいに全開。

結婚式。
いきおいよく「とうっっ!」

♪I Do, I Do, I Do, I Do, I Do♪
I doの後、白ワンピで出てきた時、サムに向かって歩きながら、ソフィに見てーってやってたのがチャーミング。
ブーケトスの後、いつもは少し離れてちょっと躊躇した後にサムの腕をガシッと掴むんだけど、今日は阿久津サムが肩を抱いたまま離さなかった。

カテコは濱田ドナと江畑ソフィがぎゅーとしてたとこを阿久津サムが2人まとめてさらにぎゅー。かわいかったな。
口紅ついちゃったのか、サムのジャケットの衿を江畑ソフィが一生懸命拭ってた。
濱田ドナの投げキッスもあり。
はぁ、楽しかった。


座席…マチネ1F7列10番台(センターブロック)
<キャスト>
ドナ・シェリダン:濱田めぐみ
ソフィ・シェリダン:江畑晶慧
ターニャ:八重沢真美
ロージィ:青山弥生
サム・カーマイケル:阿久津陽一郎
ハリー・ブライト:明戸信吾
ビル・オースティン:野中万寿夫
スカイ:田中彰孝
アリ:木内志奈
リサ:柏 円
エディ:大塚道人
ペッパー:一和洋輔
【男性アンサンブル】
1:田辺 容
2:杉原 剣
3:友部正輝
4:大空卓鵬
5:正木棟馬
6:渡井真一
7:河野駿介
【女性アンサンブル】
1:小島由夏
2:観月さら
3:小林英恵
4:泉 春花
5:海野愛理
6:大場沙耶
7:合田友紀
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

マンマ・ミーア! 2010/12/25:ソワレ [四季]

マチネに引き続きソワレへGO!

マチネと違ったかなーってとこをピックアップ。
Money, Money, Money♪
センターでスカイから飲み物もらうところ。飲んだ後、田中スカイをつっついてにっこり。
そういやマチネもそうだったけど、下手でテーブルに乗る前、片足椅子にかけてたけどずっとそうだったかな。
今日初めて気が付いた。

♪Chiquitita♪
ひたすら足をばたばた。じたばたしている感じがかわいい。
椅子に座ってばたばた。
窓の下を確認してばたばた。
ソワレは全体的に、手をばたばた振るのと足をばたばたすることが多かった。

♪Voulez-Vous♪
じゃんけん。
前半勝ち、後半負け。
下手寄りから上手に移動する時にちょっとつまずいてコケそうになってました。
結構高いヒールだから、足首痛めてないかな。大丈夫かな。
その後は何事もなく踊ってたけど、こういうのって終演後にくるんだよね。
ちょっと心配。

♪One of Us♪
一通り怒鳴った後に、大きく息を吐く。
自己嫌悪なのか、ちょっと笑みが出る。
歌った後、よしっと切り替えて行こうとするところにサム登場。
サムとのやり取りは最初抑え気味。
独身は最高よのあたりからピークに持っていく感じでした。
最初から怒る時と、どんどんヒートアップしていく時とあるけど、今日は後者。

♪Our Last Summer
「昔のドナさ」の後は背もたれに寝るような感じで寄りかかってしばし放心。
だんだん昔の気持ちに戻っていく感じ。
ハリーが帽子かぶってるのみて「なにしてるの」って言って笑ってた。

結婚式
割って入るところ、ソワレは「どうっ!!!」でした。

カテコ。
メリークリスマス!って言った後に頭の上で三角作ってました。
ツリーかな。
最後に大きくためて両手投げキッス♪
客席から歓声があがりました。



座席…マチネ1F7列10番台(センターブロック)
<キャスト>
ドナ・シェリダン:濱田めぐみ
ソフィ・シェリダン:江畑晶慧
ターニャ:八重沢真美
ロージィ:青山弥生
サム・カーマイケル:阿久津陽一郎
ハリー・ブライト:明戸信吾
ビル・オースティン:野中万寿夫
スカイ:田中彰孝
アリ:木内志奈
リサ:柏 円
エディ:大塚道人
ペッパー:一和洋輔
【男性アンサンブル
1:田辺 容
2:杉原 剣
3:友部正輝
4:大空卓鵬
5:正木棟馬
6:渡井真一
7:河野駿介
【女性アンサンブル】
1:小島由夏
2:観月さら
3:小林英恵
4:泉 春花
5:山中由貴
6:大場沙耶
7:合田友紀
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

マンマ・ミーア! 2010/12/25:マチネ [四季]

クリスマスだというのに一人観劇。
いいんだ、これが今年最後の自分へのご褒美。
マチネ&ソワレ共にマンマ・ミーア!行っちゃいますよ。

さてマチネ。
最初の♪I Have a Dream♪で江畑ソフィの声が…出てない???
と思ったらちょっと抑えてるだけだったみたい。
アリリサもはっちゃけ度がアップしていてよかった。
江畑ソフィ表情豊かでかわいい。
時々おばちゃんっぽく見えるけどそれもご愛嬌。
♪Thank You for the Music♪の前、「鍵を取ってきます」で引っ込んで再登場するときに、とんがりお口で扉からのぞいてるのが妙にツボにはいってしまった。
かわいいぞ、江畑ソフィ。

今日はキャストボードをほとんど見ないではいったので、♪Money, Money, Money♪の後明戸ハリーが出てきて驚愕。
公式は味さんだったのに。
いや、明戸さん好きなんですよ。
だけど、味さんだと思ってたのでかなりびっくり。
明戸さん、小ネタがいちいち面白くて好き。

♪Thank You for the Music♪の後、ドナが出てきて隠れるところ、阿久津サムの逃げ方が面白かった。
表現できないけど、上半身動かずすり足で逃げる感じ。
「はぁい」の表現が固まってきた気がする。
広島静岡はいろいろやっていたみたいで、毎回なんか違ってたけど、ヘタレな感じがよく出てる。
でもサスから外れてた。
立ち位置間違えた???あれっていつもかな?ソワレは見るの忘れちゃったけど。
濱田ドナの「ビル???」「ハリーーー」「あなた!!!」がいつもより柔らかめでした。
ハリーにはなんかいつも優しげなんだよね。
やっぱり思い出の違い?
サムの「つねってあげようか」から後はバタバタ感がいっぱいで、かわいいドナでした。

ロージーとターニャはいつみてもさすがですね。
が、ロージー上手く寝袋広げられず。
♪Chiquitita♪の前の濱田ドナの落ち着きのなさがキュート。
父親について打ち明けるとき「他にもいたから…」はさらっと言い切って、しまった!という顔。
「まぁ自業自得だけど」っていう前に「はっはーん」って言うのが復活。これはうれしい。
乗ってる時に出るのかな。
♪Chiquitita♪の時は結構いろいろ声出してたな。
マチネもソワレもオフマイクでの小ネタが多かった。

♪Voulez-Vous♪は渡井さんの顔を両手でぶにっと。
じゃんけんは2回負けてるのは見えた。
最後に田中スカイにむかって「わー」って言ってるようにみえたけど、なんだろう。
とりあえず、♪Voulez-Vous♪はいつも楽しそう。

♪Our Last Summer♪「昔のドナさ」って言われた後、涙目でとても悲しそうでした。
この場面は本当に泣ける。
で、昔の思い出にぎゅいーんと戻っていく感じがとても好き。
ハリーと敷物ふわっとさせるとこで足をぴょこんと跳ね上げたのがかわいかったな。

♪Slipping Through My Fingers♪今日はちょっとあまのじゃく。
「ママが着せてくれる?」と言われた時に「仕方ないわね」って感じでソフィを呼ぶ。
ソフィの目に入らないところでとっても嬉しそうな笑顔。
最後のソフィとの歌は涙ポロポロ。
歌い終わってソフィの置いて行ったガウンを抱きしめて口元へ。
キスをしたように見えた。

結婚式
牧師さんの歓迎の挨拶に割って入るドナ。
「とうっ!!!」今日のは、くっきりはっきりかなり気合はいった「とうっ!!!」でした。

さて、カテコ。
ウォータールーの人差し指投げキッス、久々に見た気がする。
阿久津サムと背中合わせで押し合いっこ。
通常カテコの間は、やっぱりドナのまんまなんだけど、クリスマスカテコになったらちょっと素も出ていた感じがしました。
すっごく楽しそう。
2回もダンシングクイーンが踊れるなんて。
とっても楽しかったー♪


座席…マチネ1F3列20番台
<キャスト>
ドナ・シェリダン:濱田めぐみ
ソフィ・シェリダン:江畑晶慧
ターニャ:八重沢真美
ロージィ:青山弥生
サム・カーマイケル:阿久津陽一郎
ハリー・ブライト:明戸信吾
ビル・オースティン:野中万寿夫
スカイ:田中彰孝
アリ:木内志奈
リサ:柏 円
エディ:大塚道人
ペッパー:一和洋輔
【男性アンサンブル】
1:田辺 容
2:杉原 剣
3:友部正輝
4:大空卓鵬
5:正木棟馬
6:渡井真一
7:河野駿介
【女性アンサンブル】
1:小島由夏
2:観月さら
3:小林英恵
4:泉 春花
5:山中由貴
6:大場沙耶
7:合田友紀
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

マンマ・ミーア! 2010/12/14:ソワレ [四季]

とうとう帰ってきました!
追いかけて3都市回ったけど、やっぱりいいよね、専用劇場。
おまけに濱田さんと阿久津さんを投入するという気合の入れよう。
生オケじゃないのは残念だけど。
正直、なんでこの2人を地方に…(アイーダ…)とは思うけど、東京に戻って来てくれたならいいかと思ってしまう、現金ですね。

さて15日のチケットはもともと押さえていたのだけれど、都内に出る出張もあったので、いてもたってもいられなくて14日のチケットも取りました。
前日予約で。
一発でかかるというミラクル。
これでS席は最後です。
と予約の時に言われました。
あぶないあぶない。

都内での仕事をさっさと終わらせ会社には「直帰します!!!」と電話をしいざ汐留へ。
久しぶり。
ウィキッドとアイーダの初期にだいぶ通ったけれど、それからしばらくご無沙汰でした。
専用劇場は海が一番好きなので、なんだかとても気分がよろし。
そして久々に満席の客席見ました。
2日目だけあって、招待客もかなりいたようだけど。
それでも満席には変わりない。
前置きはこれくらいにしておいて、本編。

プロローグ…音ちっちゃい。
もうちょっと爆音だしてくれてもいいんだけどな。
ちょっといきなりずっこけたですよ。
だってサイドでスピーカーの前なのに。
でもハウっちゃっても困るからこんなもんか。

江畑ソフィ、短めの外巻がかわいい。
歌、安心。よかった。
でも広島で観た時の方がもっと声出てた気がするんだけど。
アリ、リサ登場から♪Honey, Honeyへ行くところ、3人(ソフィ&アリ&リサ)ともすごく慎重にやっていてもたついてた。
やっぱり招待客が多いから?
セリフもいつもよりゆっくりはっきりと。
今日はみんなそうだった。
濱田さんでさえ、登場からしばらくはそんな感じでなんだかなー。
もっとスピード感とかないんかな。
なんか現実に引き戻されてしまう。
招待客いなくなったら戻るんだろうか?
そんなもやもやした中で一和ペッパー登場。
うすっ。
なんだろう、優等生すぎやしないか。
大塚ペッパーが続いていたので、大塚エディと一和ペッパーがもうどっちがどっちだか。
そして田中スカイ。
私は好きだなぁ。
田中スカイは「しずめる?!」とか「なんてこった」とか合いの手っぽいセリフが私の好み。
味さんハリーもとても素敵。
ラストも踊り狂って終了。
はぁ楽しかった!
明日も行けるんだな。
しばらく通いましょう。


座席…ソワレ1F8列一桁番台
<キャスト>
ドナ・シェリダン:濱田めぐみ
ソフィ・シェリダン:江畑晶慧
ターニャ:八重沢真美
ロージィ:青山弥生
サム・カーマイケル:阿久津陽一郎
ハリー・ブライト:味方隆司
ビル・オースティン:野中万寿夫
スカイ:田中彰孝
アリ:木内志奈
リサ:柏 円
エディ:大塚道人
ペッパー:一和洋輔
【男性アンサンブル
1:田辺 容
2:杉原 剣
3:友部正輝
4:大空卓鵬
5:正木棟馬
6:渡井真一
7:河野駿介
【女性アンサンブル】
1:小島由夏
2:観月さら
3:小林英恵
4:細見佳代
5:海野愛理
6:大場沙耶
7:合田友紀
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

マンマ・ミーア!仙台 2010/10/21:マチネ&歌って踊ろうイベント [四季]

イベント日のチケット入手。
この間の土曜日に行ったばかりなのにまた仙台へ。
いい加減アホだなーと思う。
でも行ってよかった。(前回も同じこと言ってるけど)
お客さんのノリがよかったからなのか、すごくよい舞台でした。

今日はドナが出てきたしょっぱなでアクシデント。
ソフィが「修道院に入るわけじゃないの」と言ってドナと絡むとこで、谷口ソフィのブレスレットが濱田ドナの右袖に引っかかる。
濱田ドナがスカイを紹介するところで谷口ソフィが気づいて取ろうとしたけど取れず。
手首を抜いてなんとか難は逃れたけど、ブレスレットが袖でブラブラ。
そのまま♪Money, Money, Moneyへ。
変に落ちなくてよかったかもだけど、なんだかおかしかったです。
出演者もみんなチラチラ見てたなー。
そういやここで、谷口ソフィが濱田ドナにちょっと反撃するようになった。
「ハタチでなんか結婚しなかったわよ」のとこ。
仲の良い親子な感じ。

濱田ドナ、今日はかなり泣いてた。
♪One of Usも入る前に間をたっぷりとってたな。
感情をグッと抑えて歌に入るとこがイイ。
♪Slipping Through My Fingersなんてポロポロと。
「ほんとにキレイよ…」もなかなか台詞が出てこなくて、泣いて言えないんじゃないかと思ったくらい。
谷口ソフィもドレス持ってきたとこから泣きそうだったな。
「ママが着せてくれる?」の後、泣きそうな顔でニッコリ笑って、椅子をトントン。
歌の後「バージンロードのエスコート、ママがしてくれる?」のとこも、涙ポロポロ落としてうなずくまでに時間がかかってた。
こっちが号泣です。
そのまま♪The Winner Takes It Allへ突入だから、もうなんというか、いいものみせてもらったなーって。

そうそう、ハリーが明戸さんになりました。
味方さんとWキャストになってるけど、週頭から明戸さんみたいだから、味さんは出ないんだろうな。
ACLで味方さんザックシングルなのに、なぜマンマはWキャストなのか。謎。
で、明戸さんの小ネタが好きな私は、出てくるたび何かやらないかと気になってしまう。
とりあえず「衝動的にやるし」と♪Mamma Miaのはけるとこと、♪Our Last Summerと、カテコでリサとはけるとこはチェック
だいたいいつもと一緒だったけど♪Our Last Summerの「モーニングクロワッサン」のとこで、濱田ドナが「あちちっっもぐもぐ」ってやった後にガバッと取ってバクッと豪快に食べてた!?
はぁたのし。
カテコはめずらしく何もやってなかったな。
何回目かで上手袖から出てくるときにこけたのかわざとなのか、すっごい勢いで出てきてた。
笑ってしまった。
カテコも盛り上がりました。

さてと、カテコも短めでイベントへ。
後方入口から、司会の二人が登場。
まずは大塚さん。もう1人はたぶん小島由夏さんだと思うんだけど、大崎市出身だそうで地元ネタでちょこっと。
その後アリ&リサの歌指導。
身振り手振りで熱血指導。
木内さんは最初からカミカミで面白かったけど、やっぱり本番やった後だし疲れるよね。大変だ。
柏さん、やりすぎて舞台から落ちそうになり、横にいた丹下さん大爆笑。
一通りならって1回音で通して歌は終わり。
続いてダンス指導。
指導は丹下さんと渡井さん。
ほとんど渡井さんが解説してた。
渡井さんのお兄ちゃんが上手く踊れないだとか、小ネタをはさみながら楽しく指導。
また1回音で通して終わり。
で、この後本番の明かりでやりまーす、とか言って音楽スタート。
舞台後方にダディズ3人のシルエット。
しかもなんか変なシルエット。
会場大盛り上がり。
とりあえず1回通した後、3人紹介。
明戸さんは、キューピーちゃんみたいな髪の毛書いて、ビルが劇中持ってた釣竿を持って「かわいい子釣れないかなー」なんて言ってた。
荒川さんはドレッドヘアでバグパイプ持ってるし、野中さんはアフロでハリーのギター持ってた。
野中さんは普通にアフロ似合っちゃってるし。
でも「素でこういうのやるの恥ずかしいんですよー」と照れてました。
おもしろかった。
役者さんたちも終演後に本当に大変だなぁ。
でも、スペシャルで楽しかったー。


座席…マチネ1F1列30番台
<キャスト>
ドナ・シェリダン:濱田めぐみ
ソフィ・シェリダン:谷口あかり
ターニャ:八重沢真美
ロージィ:青山弥生
サム・カーマイケル:荒川 務
ハリー・ブライト:明戸信吾
ビル・オースティン:野中万寿夫
スカイ:鈴木涼太
アリ:木内志奈
リサ:柏 円
エディ:丹下博喜
ペッパー:大塚道人
【男性アンサンブル
1:田辺 容
2:渡井真一
3:チョジョンファン
4:嶋野達也
5:飯村和也
6:柳木 優
7:廣野圭亮
【女性アンサンブル】
1:小島由夏
2:キムサラ
3:井上智映子
4:上條奈々
5:海野愛理
6:大場沙耶
7:合田友紀

座席…イベント1F5列30番台
司会:大塚道人・小島由夏(たぶん、ちょっと自信ない)
歌指導:木内志奈・柏円
ダンス指導:丹下博喜・渡井真一
あと、アンサンブルさん数名。
スペシャルゲスト:荒川 務・明戸信吾・野中万寿夫
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

マンマ・ミーア!仙台 2010/10/16:マチネ&ソワレ [四季]

仙台まで行ってしまいました。
12月になれば海に戻ってくるのにやっぱり我慢できず。
高速バスに乗ってはるばると。(交通費節約)
とりあえず、行きは新幹線にするべきだね。
事故渋滞で遅れました…。
というわけで、マチネは途中からになってしまった。
周りの人ごめんなさい。
そしてマチネだけで帰るつもりが、消化不良でソワレも当日券で観てしまいました。

マチネ、濱田さんは噛むし、荒川さんは立ち位置間違えてるし、ちょこちょこと失敗がありました。
めずらしく盛大に噛んでたな、濱田さん。
(ちなみに2幕ハリーとの小切手のやりとりのとこ。「ご親切はありがたいけど」が「ごそう、ごしん、ごしんせつは…」ってなってたww)
あと、2幕でペッパーにむかって「シャンパン冷やしてパンチボールにリキュールいれて…」とドナが怒鳴るとこがすっぽりなかった気がするんだけど気のせいかな。
でも、流れは自然だったから気のせいなのかも。
あの場面、どこみてたんだろ、自分。
ソワレは目立った失敗はなく、お客さんのノリもよくてとてもよかったです。
観ることにしてよかったー。

それはそうと、ダディーズが変わりましたね。
荒川さん、味方さんに相変わらずの野中さん。
とてもバランスがよいように思いました。
ベテラン3人どっしり構えて、ソフィーやドナがとてもかわいく見える。
♪Thank You for the Musicで3人がどんどんソフィーに惹き込まれていく様子(日本語があまり正しくないけど)がとても自然でなんだかよかったな。
味さんハリーがとてもキュートでステキ。
♪Our Last Summerで泣けるなんてね。
とてもせつない気持ちになって泣けました。
でも、この場面で出てくる帽子が似合わな過ぎてちょっと笑ってしまった。
カテコの衣装は似合っててステキだったけど、細すぎっ(笑)
荒川サム、演技は好きだけど歌がちょっとこもっている感じというか喉調子わるい?
こんなにこもった声だったかなぁ。
久々に荒川さんの歌聞くから、もう忘れちゃった。(おそらく五反田キャッツ以来)
うん、でも荒川サムも好きだなぁ。


座席…マチネ1F1列30番台・ソワレ1F9列20番台
<キャスト>
ドナ・シェリダン:濱田めぐみ
ソフィ・シェリダン:谷口あかり
ターニャ:八重沢真美
ロージィ:青山弥生
サム・カーマイケル:荒川 務
ハリー・ブライト:味方隆司
ビル・オースティン:野中万寿夫
スカイ:鈴木涼太
アリ:木内志奈
リサ:柏 円
エディ:丹下博喜
ペッパー:大塚道人
【男性アンサンブル
1:田辺 容
2:渡井真一
3:チョジョンファン
4:嶋野達也
5:飯村和也
6:柳木 優
7:廣野圭亮
【女性アンサンブル】
1:小島由夏
2:キムサラ
3:井上智映子
4:上條奈々
5:海野愛理
6:大場沙耶
7:合田友紀
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

マンマ・ミーア!静岡 2010/08/07:マチネ&ソワレ [四季]

はい、やってきました静岡
予想通り濱田ドナ。
。。。本当はアイーダに戻ってもらいたいんですけど、濱田さんー。
もう諦めてますけどね(爆)

広島日帰りしようとするとマチネしか観られなかったけど、静岡はマチソワしても日帰りできます。
広島でフラストレーション溜まったので(ソワレ観たいのに諦めるしかない)思う存分マチソワできます。
静岡って新幹線使えば2時間くらいで着いちゃうので、意外と近くてびっくり。
その分往復の交通費がチケット代以上になってしまうのだけれど。
でも、海(劇場ね)にくるのなんて待っていられない。
濱田ドナがどれだけキャスティングされるかなんて分からないし。
出てるうちに観ないと!

本日もキュートなドナ爆発。
ダディーズに会った後の♪Mamma Mia から「私行かなきゃ。。。ハンドバックのお手入れとか。。。アワアワ」なんて、かわいくて爆笑。
♪Chiquitita の前の1人ノリツッコミも激しすぎて爆笑。
あれムチ打ちにならないかな。
ちょっと心配になるくらいの激しさ。
小ネタ満載でとっても楽しかったー!

メンバーも結構変わってました。
ソフィー、スカイ、アリ、リサ、エディ、あ、若手が変わってたのか。
谷口ソフィーちょっと歌が弱い。
♪The Name of the Gameが特に不安定。
苦手な音域なんだろうなー。
全体的に音程下がり気味。
最後の♪I Have a Dreamもきつそう。
特に最後のほうになると疲れが見えて、音程が不安定になる。
でも見た目はソフィーにぴったりだと思うし、なんといっても若いしね。
濱田ドナの娘って設定も違和感なし。
歌がんばってほしいです。(かなりな上から目線ですけど。)
江畑さんのぽっちゃりソフィーもかわいいから好きなんだけど、ちょっと貫禄が(笑)
濱田さんと同役(エルファバ)やってるし、いまいち娘と思えないんだよね。

さて、鈴木スカイですが、正直なところひとり浮いてるかも。
声こもってて聞き取りづらい。
「どうした!」とか「なんだって?!」とか合いの手みたいなセリフが特に浮いてる。
さわやかでステキなんだけどな。
そのうちこなれてくるのだろうか。

あー、そうは言ってもとっても楽しい観劇でした。
ベテランがたくさんいるといいなと。おもいました。

座席…マチネ1F8列20番台・ソワレ1F3列30番台
<キャスト>
ドナ・シェリダン:濱田めぐみ
ソフィ・シェリダン:谷口あかり
ターニャ:八重沢真美
ロージィ:青山弥生
サム・カーマイケル:阿久津陽一郎
ハリー・ブライト:明戸信吾
ビル・オースティン:野中万寿夫
スカイ:鈴木涼太
アリ:荒木美保
リサ:木内志奈
エディ:中村 匠
ペッパー:大塚道人
【男性アンサンブル】
1:田辺 容
2:キムスルギ
3:チョジョンファン
4:渡井真一
5:ソルドンギュ
6:柳木 優
7:廣野圭亮
【女性アンサンブル】
1:小林英恵
2:キムサラ
3:平田曜子
4:細見佳代
5:海野愛理
6:大場沙耶
7:合田友紀
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

マンマ・ミーア!広島 2010/07/19:マチネ 広島公演千秋楽 [四季]

濱田さん広島マンマ完投です。
これは予想外でした。
耐えきれず、千秋楽チケットを手に入れ飛びました。(いや、飛んでない。陸路だったよ)
いざ広島へ。

オープニング聞いただけでもう涙が出そうでした。
キュートな濱田ドナ。
歌い方がソフトになっていて、でも全力疾走で。
さすがに千秋楽。
お客さんもノリノリ
本当に楽しかった。
無理して行った甲斐がありました。
かなり盛り上がったカテコで、濱田さん泣きそうな顔した後に、グッとこらえてパーッと笑顔になるのがまたラブリー。
配られたサイリウムがとてもキレイでした。
私がもらったサイリウムは開演前にポキっと折れてしまい、1幕から発光しっぱなしでカテコではあまり威力発揮せずでしたが。
さぁ、次は静岡へ。
どうか濱田ドナが来てくれますように。

座席…1階2列10番台後半(下手側サイドブロック)
<キャスト>
ドナ・シェリダン:濱田めぐみ
ソフィ・シェリダン:江畑晶慧
ターニャ:八重沢真美
ロージィ:青山弥生
サム・カーマイケル:阿久津陽一郎
ハリー・ブライト:明戸信吾
ビル・オースティン:野中万寿夫
スカイ:田中彰孝
アリ:木内志奈
リサ:柏 円
エディ:鎌滝健太
ペッパー:大塚道人
【男性アンサンブル】
1:雲田隆弘
2:キムスルギ
3:チョジョンファン
4:鈴木智之
5:ソルドンギュ
6:柳木 優
7:河野駿介
【女性アンサンブル】
1:小島由夏
2:キムサラ
3:平田曜子
4:細見佳代
5:河内聡美
6:大場沙耶
7:合田友紀
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

マンマ・ミーア!広島 2010/05/27:マチネ [四季]

アイーダ出たり入ったりしていた原因はこれか?
濱田さんドナとな。
これはまずい。
広島行かないわけにはいかないでしょう。
我慢しきれないだろう、自分。(隠れめぐ信者。いや隠れてるつもりはないんだけど。)
ANAの株主優待券を確保し、行きの飛行機だけキープ。

しかしまぁ、稽古場動画アップされてもいまいち信用できず。
まだ引き返せる状態のまま開幕待ち。
やはり開幕はめぐドナもってきたね。
さすがに動画公開しただけあるね。
しかし、初日開けてもその後の休演2日の間に変わるかもとチケットは取らず。
濱田さんだらけのPVがアップされてもやっぱり信用できず。
そういうわけで前日予約で突発決定。
が、仕事のトラブルで14時に予約電話できず…。
おかげで18列。遠かったです。
でもでも、行ってよかった!
東京でマンマがやっていた頃は観劇お休み中だったので、実は初マンマ。
CDは大好きで聞き込んでいたし、映画もずいぶん前に1回だけど観たのでだいたいは分かってるつもり。

とりあえずね、濱田ドナ、超キュート
歌がすばらしいのはもちろんなのだけれど、しぐさなどが超キュートなのよ。
とても二十歳の娘がいるようには見えないんですけど。
でもこんなお母さんもありなのかな。
まぁソフィとも親子に見えたし。(遠目だからか?)
♪Slipping Through My Fingers♪を筆頭にすごく母性を感じられたし。
稽古場動画だと後ろに王女様や魔女が見える気がしましたが、実際観るとそんなことはなく、しっかりドナでした。
むしろ江畑ソフィがエルフィに見えてしまって。。。
ま、散々東京Wickedで見てしまったから仕方ないか。
3日目でいい感じで肩の力が抜けてきたのかな。
濱田さんたらカテコでは投げキッスまで♪
エルファバやアイーダみたいな重い役が続いていたので、ものすごく楽しそうに自由にやっている感じがして、なんだかうれしかったです。

ターニャとロージー3人の並びを気にしてたけど特に気にならず。
ベテラン2人に乗せられて、濱田さんもノリノリだったように思います。
あと、PVにも台詞だけありますが、「私、本当にばかだったー(泣)」ってベッドの中でイジイジするドナ超可愛い。
♪UNDER ATTACK♪が大好きなのですが、2幕の最初にこういう風に使われてるんだねぇ。
ここのドナがなかなかにエロいですね(笑)
相手が阿久津サムだからか?(いや相手はサム1人じゃないが)
踊る濱田さんも久々に観ました。
もう、濱田さん観られただけで大満足。
あぁめぐさまー♪

さて、阿久津サム。
最初に出てきた時はかなり違和感。
1人だけ若い。
でも話が進むにつれてだんだんとお父さんぽく見えてきました。
20年を2分にまとめてーのソフィとのやりとりはとてもよかったように思いました。
高音がちょっとキツそうでしたが。
あと、カテコの衣装が似合わなすぎて爆笑しました。
いや、似合わないのが似合うというのかな。
あれはかなり良いと思います。
意味わかんないけど。

はぁ、このまま静岡来てくれるのかな。
これは通っちゃいますね。
いざとなったら新幹線使わずともなんとか行けますからね。
そして東京リターンフラグなんだろうな。
海通いがまだまだ続きそうな感じです。


座席…1階18列20番台前半
<キャスト>
ドナ・シェリダン:濱田めぐみ
ソフィ・シェリダン:江畑晶慧
ターニャ:八重沢 真美
ロージィ:青山弥生
サム・カーマイケル:阿久津陽一郎
ハリー・ブライト:明戸信吾
ビル・オースティン:野中万寿夫
スカイ:田中彰孝
アリ:木内志奈
リサ:柏 円
エディ:鎌滝健太
ペッパー:大塚道人
【男性アンサンブル】
1:雲田隆弘
2:キムスルギ
3:チョジョンファン
4:鈴木智之
5:ソルドンギュ
6:柳木 優
7:河野駿介
【女性アンサンブル】
1:小島由夏
2:キムサラ
3:平田曜子
4:細見佳代
5:河内聡美
6:大場沙耶
7:合田友紀
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

キャッツ 2010/04/03:ソワレ [四季]

エクウスとキャッツでマチソワ。
エクウスは絶対観ようと思っていたのだけれど、ソワレに関してはアイーダにするかキャッツにするかかなり悩みました。
前日予約で回転席が取れたらキャッツにしようと思って電話してみたら、まんまと取れてしまいました。
しかも通路横。
というわけで、キャッツに決定。
横浜キャッツは2回目。

さてと、本編。
順不同。抜け漏れありあり。
【松島ミスト】
今日はひたすら松島ミストを追いかけてました。
だってかっこいいから(笑)
手を抜いてるわけじゃないのだけれど、余裕で踊ってる感じがとても好き。
いいなぁ、あれだけ踊れたら気持ちいいだろうな。
そして色々コネタもやってるから目が離せないのだ。
ごちそうリレーはお隣さんとひっぱりあいっこしてました。
スキンブルナンバーのやくざなマンカスのとこでは、金子コリコと並んでちょこんと座っててかわいかった♪
ミストナンバーの素敵さは言わずもがな。
そのミストナンバーの後、グリザが歌ってる時にタイヤに座って息を整えているところさえ素敵。(アホ)
そうそう、金子コリコもかわいかったな。
ミストでしか観たことないからかなり新鮮でした。

【大口ランペ】
かわえぇ♪
側転すげぇ!
カッサもいいけど、ランペの方がすきかも。

【江部バブ
歌が…。
最初の歌いだしで、あらら…と思ったけど、メモリーはまぁそこそこ聞けました。
ダンスキレイだしかわいいので、歌がんばってほしいなぁ。

【廣本ヴィク】
ヴィクトリアの衣装変わった?
前はもっと真っ白だった気がするんだけど。
真っ白で目立ってたのに、今回は存在感があまりなし。

【武藤マンカス】
頼れるおにいさんって感じ。
歌も素敵でした。

【田邊タガー】
ひね者じゃないタガー。
好青年タガー。
タガーとしてありなのか?
でも、ちょこちょこコネタやってて面白い。(しっぽでマシンガンしてたり)
スキンブルナンバーはバブにお前がベットになれと命令してました(笑)
とりあえず、田邊さんが楽しそうだったのでそれだけでうれしかったです。
最近、重そうな役ばかりで観てたので久々に笑顔を見た気がする。

【由佳乃ジェニ】
由佳乃さんのジェニはとてもかわいい。
大好き♪

飯田ガス】
いい声してるよね。
動きも機敏だし。

【朴ジェリロ】
少々ふくよかなジェリロ。
すごく表情豊かで楽しそう。
歌も素敵。
でもソノクイはもうちょっと頑張ってほしいな。

【早水グリザ】
もう貫禄のグリザですよね。
階段のところで他の猫にいじめられるとこはやめてーといつも思う。
早水グリザのメモリーの後は拍手がないんだよね、たいてい。
余韻に浸れてすごくいい。

あぁ、楽しかった♪
キャッツは元気が出ます。
松島ミストがいるうちにもう1回くらい行きたいな。
もうそろそろ変わってしまうだろうか?

座席…S回転席3列70番台通路横
<キャスト>
グリザベラ:早水小夜子
ジェリーロラム=グリドルボーン:朴 慶弥
ジェニエニドッツ:鈴木由佳乃
ランペルティーザ:大口朋子
ディミータ:原田真由子
ボンバルリーナ:西村麗子
シラバブ:江部麻由子
タントミール:八鳥仁美
ジェミマ:王 クン
ヴィクトリア:廣本則子
カッサンドラ :蒼井 蘭
オールドデュトロノミー:種井静夫
アスパラガス=グロールタイガー/バストファージョーンズ:飯田洋輔
マンカストラップ:武藤 寛
ラム・タム・タガー:田邊真也
ミストフェリーズ:松島勇気
マンゴジェリー:龍澤虎太郎
スキンブルシャンクス:岸 佳宏
コリコパット:金子信弛
ランパスキャット:高城将一
カーバケッティ:齊藤太一
ギルバート:西尾健治
マキャヴィティ:桧山 憲
タンブルブルータス:松永隆志

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。