So-net無料ブログ作成
検索選択

アイーダ 2010/03/24:マチネ [四季]

今日はリハーサル見学会がありましたのでそちらから。
場当たりは「ピラミッドを建てよう」の一連。
客席に杏奈さんがいていろいろと指導。(副ダンスキャプテンらしい。正は誰なんだ?)
ゾーザー軍団がかっこよい。
大塚さんが入ったので(しかもアンサンブルでびっくり!)立ち位置等確認していたようです。
曲付きで最初からやるときにちょこっとだけ金田さんも出てきました。
杏奈さんの話がなかなか面白くて(…の割にはあまり覚えていない)ゾーザー軍団のダンスには設定があるみたい。
それをきちんと魅せるようにとの指示が出ていました。
ふぅん、設定なんかあったんだ。
ダンスとしてしか観てなかったよ。

続いて質問コーナー。
司会は石原さん。
答える人は田中さん、川東さん、片山さん、小島さん。
ここで質問を読まれた方にはアイーダグッズの詰め合わせがプレゼント。
私はあまりきちんと書かなかったので、選ばれちゃったらどうしようとドキドキしてしまった。
質問は、
「アイーダの中の役では何をやってみたい?」
「ヌビア人とエジプト人を演じるのに気をつけていることは?」
「今までの作品で一番好きなものは?」だったかな。
他にもあったかも。
川東さんは初演から出ているとのこと。
田中さんは念願のゾーザーだそうです。
片山さんがヌビア人とエジプト人を演じるにあたってを熱く語っていました。
小島さんはニコニコしててかわいかったな。
全体的にさらっとあっさりとしたリハ見でした。

そしてリハ見の後に大事件。
劇場を出たところで「何それ!そのキャス変ありえない!!!」と電話で怒っているおねえさんがいまして。。。
まさかと思って公式確認しますと、濱田さんだったのが樋口さんになってるじゃありませんか。
あぅあぅあー。
それはないだろう。
火曜日の休演日(今回は月曜が祝日だったので火曜が休演日)に濱田さん確認して前日予約した人もいっぱいいるだろうに…。
濱田さん期待して来た人達の前で演る樋口さんもかわいそうだよ。
とはいえ、濱田さん大丈夫なのかな?
先週1週間しか登板してませんが?
病気とかじゃないとよいのだけれど。
とりあえず先週無理して行っておいてよかった…(だから落ち着いていられるのだ)

さて本編。
最初から順番にいきましょうかね。
<愛の物語>
おぉ、久々の五東さんだー♪と思いながら観てました。
最初の柔らかい歌声から「とーきは古代エジプトのー」にうつるところが大好き。
正直なところ光川さんがかなりスタイルよかったので、そこはね…。
今回初めて2階で観たのだけれど、アムネリスはずっとこっちを見てるのねぇ。
自分を見られてるみたいでなんかうれしかった(向こうからは見えるはずもないんだけど)

<勝利ほほえむ>
そして金田さんだよ、久しぶり♪
いい声してます。
2階からだとアンサンブルさんの動きもよく見える。
色々やってるから目移りするね。

<ピラミッドを建てよう>
場当たりしてるの見てたからこちらも妙に力が入って観てしまいました。
1階だと床の照明がみえないのだけれど、はじめて見ました。
色々変わってるのねぇ。
照明があると、なんとなくリハ見で言っていたことが理解できる気がしました。

<お洒落は私の切り札>
これ好き。
いちばん好き。
五東さんの「また侍女?もうたくさんだわ」ってのがたまらなくツボ。
いつも思うのですが、ファッションショーのアムネリスの衣装ってスタイル悪く見えると思う。
もうちょっとウエスト絞ればいいのに。
誰が着ても寸胴に見えるのですよ。
なんとかならんのかいな。

<儚い喜び>
樋口さんと金田さん、遠慮がちに見えた。
「どうーしたーのかなー」の前にアイーダとラダメスが近づくところ、もう少し近くまでいってほしかった。
なんかちょっと距離があって、あれ?って感じが出てなかったので残念。
樋口さん、今日は全体的に歌がフラット超過気味。
割と音程下がりやすいみたいなんだけど、いつもよりも激しかった…。
そして金田さんも優しく歌うところが音程フラフラで。
声張るとこはいいんだけどなー(上から目線でスミマセン)
歌い方変えたのかな?声張るとこと優しく歌うとこのギャップが激しすぎる。

<ローブのダンス>
ヌビアの人たちを見てると本当に泣けてくる。
アイーダがローブを受け取る前の心配そうな様子とか、受け取った後の歓喜の様子とか。
泣けるほんとに。

<迷いつつ>
細かいことだけどアイーダにホルスの目の首飾りをあげる前の「まって!」が怖かった。
もっと甘ったるく言ってほしいなぁ。
でも、その後の「愛してるわ」(中略)「命令だ」のあたりのいちゃつきっぷりはいい感じ。
アイーダがいちばんラダメスとの幸せ感じてるのってここだと思うから、思う存分いちゃついてください。
そのあと部下が入ってきたときの金田ラダのちょっとバツが悪そうな顔がよかった。

<神が愛するヌビア>
最初のアカペラで、樋口さん音伸ばせず。
途中で切れちゃったので、こちらもドキドキ。
その後は何事もなかったのでよかったです。
樋口さんの声は、後半ほとんど聞こえないのね、残念ながら。

<どうしたらいい>
樋口さんの音程の下がりっぷりと、金田さんの音程フラフラっぷりがここでMAX。
正直なところ、めまいがしました。
でも、ここから後半はよくなってったのだけれど。

<人生の苦しみ>
サスペンションライトが効果的に使われているんだなと思いました。
ライトの流ればっかりみてしまった。
ここいつも演歌だなと思う。

<この父親にしてこの息子あり>
ここの金田ラダメスの迫力はすごく好き。
ゾーザー負けちゃうよね、これじゃ。

<真実をみた>
ウェディングドレスに着替えたアムネリスが、結婚式に向かうために振り向くところで涙腺崩壊します。
分かってて、つらいだろうなー。
アムネリスかわいそすぎるよなー。

<桟橋>
メレブが死ぬところの樋口さんの涙声にやられました。
ヌビアに連れて帰ってあげてー。

<裁判>
維田さんがアムネリスの手をぎゅっとするところがいい。
父娘って感じがしてすごく。
五東さんのアムネリスは最初とここのギャップがすごいよな。

<迷いつつ(リプライズ)>
お墓に入る前にラダメスとアイーダがゆっくり近づくところ、ラダメス行き過ぎた模様。
サス位置からちょっと外れてました。
そして近づくの早い。

<愛の物語(リプライズ)>
いちばん最後、現代のラダメスとアイーダが近づくところ、早い。
早いため、キスするんじゃないかと思ってしまったよ。
早く幕閉まってー!

濱田さんから樋口さんに急なキャスト変更だったので、盛り上がらないかなと心配していましたが、カテコは結構な盛り上がりでした。
樋口さんの音程の下がりっぷりが気になるところですが、週末に向けて調子あがっていくといいなぁ。
五東さんはいつまでいてくれるのでしょう。
マンマ・ミーアがあるからそう長くはいてくれないだろうな。
やっぱりアムネリスは五東さんが好きだわ。

座席…2F1列20番台後半
<キャスト>
アイーダ:樋口麻美
アムネリス:五東由衣
ラダメス:金田俊秀
メレブ:金田暢彦
ゾーザー:田中廣臣
アモナスロ:石原義文
ファラオ:維田修二
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。