So-net無料ブログ作成

マンマ・ミーア! 2010/12/14:ソワレ [四季]

とうとう帰ってきました!
追いかけて3都市回ったけど、やっぱりいいよね、専用劇場。
おまけに濱田さんと阿久津さんを投入するという気合の入れよう。
生オケじゃないのは残念だけど。
正直、なんでこの2人を地方に…(アイーダ…)とは思うけど、東京に戻って来てくれたならいいかと思ってしまう、現金ですね。

さて15日のチケットはもともと押さえていたのだけれど、都内に出る出張もあったので、いてもたってもいられなくて14日のチケットも取りました。
前日予約で。
一発でかかるというミラクル。
これでS席は最後です。
と予約の時に言われました。
あぶないあぶない。

都内での仕事をさっさと終わらせ会社には「直帰します!!!」と電話をしいざ汐留へ。
久しぶり。
ウィキッドとアイーダの初期にだいぶ通ったけれど、それからしばらくご無沙汰でした。
専用劇場は海が一番好きなので、なんだかとても気分がよろし。
そして久々に満席の客席見ました。
2日目だけあって、招待客もかなりいたようだけど。
それでも満席には変わりない。
前置きはこれくらいにしておいて、本編。

プロローグ…音ちっちゃい。
もうちょっと爆音だしてくれてもいいんだけどな。
ちょっといきなりずっこけたですよ。
だってサイドでスピーカーの前なのに。
でもハウっちゃっても困るからこんなもんか。

江畑ソフィ、短めの外巻がかわいい。
歌、安心。よかった。
でも広島で観た時の方がもっと声出てた気がするんだけど。
アリ、リサ登場から♪Honey, Honeyへ行くところ、3人(ソフィ&アリ&リサ)ともすごく慎重にやっていてもたついてた。
やっぱり招待客が多いから?
セリフもいつもよりゆっくりはっきりと。
今日はみんなそうだった。
濱田さんでさえ、登場からしばらくはそんな感じでなんだかなー。
もっとスピード感とかないんかな。
なんか現実に引き戻されてしまう。
招待客いなくなったら戻るんだろうか?
そんなもやもやした中で一和ペッパー登場。
うすっ。
なんだろう、優等生すぎやしないか。
大塚ペッパーが続いていたので、大塚エディと一和ペッパーがもうどっちがどっちだか。
そして田中スカイ。
私は好きだなぁ。
田中スカイは「しずめる?!」とか「なんてこった」とか合いの手っぽいセリフが私の好み。
味さんハリーもとても素敵。
ラストも踊り狂って終了。
はぁ楽しかった!
明日も行けるんだな。
しばらく通いましょう。


座席…ソワレ1F8列一桁番台
<キャスト>
ドナ・シェリダン:濱田めぐみ
ソフィ・シェリダン:江畑晶慧
ターニャ:八重沢真美
ロージィ:青山弥生
サム・カーマイケル:阿久津陽一郎
ハリー・ブライト:味方隆司
ビル・オースティン:野中万寿夫
スカイ:田中彰孝
アリ:木内志奈
リサ:柏 円
エディ:大塚道人
ペッパー:一和洋輔
【男性アンサンブル】
1:田辺 容
2:杉原 剣
3:友部正輝
4:大空卓鵬
5:正木棟馬
6:渡井真一
7:河野駿介
【女性アンサンブル】
1:小島由夏
2:観月さら
3:小林英恵
4:細見佳代
5:海野愛理
6:大場沙耶
7:合田友紀
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。