So-net無料ブログ作成
検索選択

エクウス(馬) 2010/04/03:マチネ [四季]

ミュージカルが好きだけれど、実はストプレも好きなんです。
エクウスは最近ラドクリフくんが演ったし、わりと話題にはなっているのかな。
全裸シーンもありますしね。
さて今回初エクウスです。
考えがまとまらないので、思ったことをつらつらと書いてみます。

とにかく日下さんですよね。
シンプルな舞台装置に照明
日下さんのダイサートがすべて。
正常とはなにか。
正常である必要はあるのか。
何をもって異常とするのか。
治療者としての苦悩と、自分自身の苦悩。。。
日下さんすごいな、やっぱり。

とりあえず出てくる人たちはみんな正常じゃないよな。
まぁ、看護婦さんあたりは正常の範疇か?
6頭の馬の目をピックでつぶす…
精神異常者として治療が必要なほどのことではないと思ってしまった私こそ異常なのか。

そしてアランだけじゃなくて、両親も治療してやってくれ。
両親からは愛情がまったく感じられなくて(そもそもそれを表現できるところは限りなく少ないのだけれど)、アランが馬に傾倒していく気持ちがよく分かる。
馬が唯一自分に愛を向けてくれる存在だった。
そして他責にしたがる人間の本性。
お前がいなければ、お前が見ていなければ…。
誰にでも起こりうる事だよな。
そんなこんなを考えつつ、観ていました。

馬役の人たち、馬の仮面をかぶると人間から馬になるの。
すごい。
仮面かぶって片足を立てるともうすっかり馬。
不思議だねぇ。

さて噂の全裸シーン。
春のめざめの方がよっぽど刺激的だと思いました。
上手いこと照明が当たっていて、見えそうで見えない。
役者さんって大変だ。照明さんも。

座席…1F7列10番台後半
<キャスト>
マーティン・ダイサート:日下武史
アラン・ストラング:藤原大輔
フランク・ストラング:山口嘉三
ドーラ・ストラング:木村不時子
へスター・ソロモン:都築香弥子
ハリー・ダルトン:高林幸兵
ジル・メイソン:石倉康子
ナジェット:渡久山 慶
看護婦:和田侑子
【馬たち】
1:パク ソンジン
2:チョン ドンヨン
3:シン フンソン
4:ファン ソンヒョン
5:キム ヒョンミン

nice!(1)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

nice! 1

コメント 1

wild_simba

自分も同じ日に観劇しておりました。すれ違ったかもしれませんね!
by wild_simba (2010-04-05 15:10) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。